鍛造業界屈指の金型補助工具メーカーとして自社ブランド(内田式ダイホルダー)に自信をもっております。

内田工機株式会社 UCHIDA ENGINEERING CORPORATION.

代表メッセージ


ご挨拶

 

img_principle_uchida

 

昭和14年(1939年)埼玉県川口市に創業以来70年余の歴史を有しております。

 

初代社長の時代には手動式ウインチ、動力式ウインチの製造販売、ならびに段ボール紙製造機械の部品加工などを業務とし、 2代目社長の時代には、住宅関連キッチン流し台製造設備、特に研磨装置の設計製作を手がけ、樹脂及びプラスチック製造設備のカレンダーロール、ミキシング機、押し出し機などを製造致しました。

 

この間にホーニング盤、深穴くり盤等の大型工作機械部品の加工にも力を入れました。
私ども内田工機は、主要製品は自動車産業(鍛造業界・板金プレス業界)などで使用される金型の保護冶具と称されるダイホルダー、ボルスターの設計製作を主に業務としております。

 

国内外プレス機械メーカー及び商社を経由致しまして、各自動車メーカー及び自動車部品メーカーに納入され、鍛造業界屈指の金型補助工具メーカーとして自社ブランド(内田式ダイホルダー)に自信をもっております。

 

熱間、温間、冷間及び密閉鍛造、自動化、無人化、高速化の進歩には著しい物がございます。
これら業界の変革に、我が社の有する多種多様の蓄積された技術が寄与しております。
グローバル化された今日、マニュアル生産管理やCAD.CAM等先進技術も取り入れ、特殊なジャンルの仕事となっておりますが、先人より伝えられた『匠』の分野である、メンテナンス・現地機械加工・修理という仕事も大事に育て、世界中を市場に取り込んでおります。

 

今後の日本の国を支える多くの若者が、どうか、もの作りの大事さを認識し、私共のような小企業でも世界で活躍出来る会社がある事を知って頂けましたら幸いでございます。

 

経営理念

 

1939年創業以来、近代産業の源である各種工作、産業機械の部品加工、治工具、金型、専用機等の設計・製作販売を行い、その歴史は半世紀以上に渡り、四代に渡る社長を要し、先人より伝達される技術技能は、時代の変化と共に手を変え、品を変え、進歩したものである。物つくりの弛まぬ向上心は、次世代の生活の「かて」となり、会社の基盤であり、会社に貢献する大きな力となる。

 

我が社は、これからもエンジニアリングマシナリー志向の企業であり、社会の求める技術を提供し続ける会社である。と同時に、技術・技能は働く者全ての潤滑剤であり、血液である。

 

未来永劫流れ続けることが、社員全員の幸せに連なるものと考え、後世に伝えられるべき技術を絶えず提供出来る道場としての役目を有していることを自覚し、誇りをもって学習に励み、また、社会の求める技術・技能は総じて勝手気ままであり、変化に富むことを視野に入れ、進取の気風を養い伝承すべきである。

 

社員教育、研修実施への参加は社員全員の義務とし、創意工夫、匠の分野とコンピュータとの調和、国際化に対する競争力の保持、等々志気の高揚に勉め、生涯に渡り学び次世代へ伝承するものである。